修了認定研修

大切なことを改めて感じることができ、
とても充実した時間を過ごすことができました。
マクロビオティックとは

「幸せに気付く」方法

幸せに“なる”とは違う。
今ある幸せに“気付く”こと…。
マクロビオティックを説明するのは難しく、一言では言いきれないから
私は、簡単にいえば玄米菜食中心の食生活を送ること。
と言ってしまいがちでしたが。。。
もっと大きなものであること、改めて感じたのでした。


実習で作ったのは基本的なものが中心。
b0156080_2048097.jpgb0156080_20481632.jpg


右側は先生の盛り付けです。
穀物コーヒーゼリーの「Thank you」カワイイ☆

おすましは、先生とアシスタントの方が作ったのですが
すごく美味しくてビックリしました。
(今まで自分でおすましを作っても、すっごく美味しいと言えなかったのです)
旨みが効いていて本当に美味しいおすましを飲むと
体がほぐれるというか、ほんわか温かく幸せな気分になります。

コーヒーゼリーは、自分で作ったときは固くなってしまったのですが、
実習の時のはプ~ルプル♪♪ 
(コーヒーゼリー作りに私は一切関わりませんでした。。。)
私好みの柔らかさで、甘みも丁度良くすっごく美味しかった。

デモンストレーションのとき、
カムカム鍋の紹介がありました。
家族の中に豆が苦手な人がいる場合、
カムカム鍋で豆ごはんを炊くと、豆が混ざらずに上にのったままになって炊きあがるので
ごはんのみと、豆入りとに分けられて丁度いいのだそうです。
旦那が豆嫌いなのでこの情報はとてもありがたい!
(ところが、、、札幌に戻ってカムカム鍋を調べたところ
 シラルガンの2.5ℓにはカムカム鍋が入らないことが判明…(+o+)
 残念・・・)



美味しいものを食べると、それが見本になり、
美味しくできるはず!と、イメージして料理するようになるから
教室で先生が作った見本を食べたり、外食することも大事だな~と思った。

「青い空流れる雲」というお店で食べる玄米がとても美味しくて
食べる度に感動するのですが、
こんなふうに美味しくなるはずだと、試行錯誤しながら進める。
それに近い美味しい玄米が炊けたときには
ルンルン気分で嫌なことも吹き飛びます(単純…(ーー;))
(先日、ツヤツヤしてて今までで一番うまく炊けた日があったのでした)


デモンストレーションや調理実習では
先生が当然のように行う些細なことでも、流して言った一言でも
そうだったのかーというようなことがあり。
通信で自分で調理していたときには
テキストを読んでるつもりでも、読み落として自己流になってしまう部分があったなーと。

一緒のグループになった方々は、
慣れている方が多く、みなさんてきぱきされていて早かった!
全国から研修に来ていたみなさんは、
それぞれいろいろなきっかけでマクロと出会い、生活に合わせて取り入れている。
そういう方たちと一緒に時間を過ごすことができ、とても嬉しかったです。
皆さんありがとうございました。
[PR]

by sweetmuku-macrobi | 2009-11-10 20:48 | 教室ごはん
line

sweetmukuです。お肉大好きな旦那と野菜大好きな私のマクロビオティックを取り入れた生活を綴っていきます。


by sweetmuku-macrobi
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30