カテゴリ:macrobiotic理論( 8 )


インテグレートマクロビオティック

b0156080_9333148.jpg

ナスのベジチーズがけ。

母がお米や野菜をたくさんを送ってくれました。
その中に米ナスが入っていたので、電話したときにどうやって食べようかなって話したら
チーズかけて焼くと美味しいという話が出たので、ベジチーズでやってみました。
冷凍しておいたあな吉さんレシピの「ベジチーズ」を使いました。
ナスは一度火を通し(グリルで焼きました)
チーズとパン粉をかけてもう一度焼きました。
久しぶりのナス。美味でした。


* * * * * * * * * *


マクロビオティックを知っている方なら知っている「桜沢如一」氏。
氏の弟子だった宮下さんという女性が
Integrate(統合的)マクロビオティック講座を開講されるということを知りました。

この方は、30年以上前に札幌で自然食品店を開業していて、
その自然食品店「まほろば」は、
札幌でナチュラルライフを意識している方には、有名かと思います。

おおまかに言えば
[PR]

by sweetmuku-macrobi | 2010-09-04 10:23 | macrobiotic理論

奥津典子さんのセミナー

先週行われた
オーガニックカフェ「知恵の木」さん主催
奥津典子さんのマクロビオティック・サマーセミナー
参加してきました♪

「望診」(顔を見て行う診断法)を中心に
マクロビオティックの基本から、取り入れた方がいい食材など
いろいろなお話を聞くことができました。
ココロとカラダに効く食事法、マクロの魅力を改めて感じました。
「望診」の話を聞いていると面白い。
あーっという間に時間が過ぎていきました。
もっともっと聞いていたかった~。

奥津典子さん、お若くて素敵で気さくな感じで。
お話が始まると、迫力があって引き込まれていきました。
実際の奥津さんは、私が小学校4年生のときにお世話になった先生にどこなく似ていて
不思議でした。なんだか懐かしかったな。

b0156080_16272095.jpg

休憩時間に頂いた海苔巻。
美味しかった~
一つはたくわんとピーナッツバターと大葉の組み合わせ!初めてだけど美味しかった☆
[PR]

by sweetmuku-macrobi | 2010-07-22 16:30 | macrobiotic理論

発展するマクロビオティック

札幌に自然食品店「まほろば」という素敵なお店があります。
豊富な品ぞろえで、信頼できるお店の一つです。


そこに置いてあった「糖について」冊子。



ちょっと気になって、もらってきたものの、
開いてみたら、所々化学式とか出てきて難しそうだったので、一週間ほど放置(^_^;)

少しずつ、時々、ちょこちょこパラパラと読んでいくうちに
とっても興味深い内容であることに気付きました。


「恩師について」
という欄に「桜沢如一」という方の名前が!

マクロビオティックを知っている人なら知っている
有名な「桜沢如一」氏が恩師だなんてスゴイ。。。


その中で気になった言葉が。

「新しい時代に即応した新しい自然食の在り方が必要になって来ています。
 氏は誰よりも固定観念を嫌う人でしたので、今の時代に御存命であれば、
 おそらく同じことはやっておられないと思っています。」


固定観念。。。私はこれに縛られやすいタイプです(汗)。



大事なのはバランス、自分の体に耳を済ませること、
同じものなら、良質なものを選ぶこと。

あな吉さんの講座のときに
「調整豆乳は色々なものが入っているので、無調整豆乳がいいのですが、難しければ
 良質な牛乳の方がいいと私は思います」
というようなことをおっしゃていて、すごく共感したのでした。

動物性を避けるあまり、添加物たくさん使って似たようなものになっているよりは
良質なお肉やお魚を採った方がいいのかなと、なんとなく思っていました。
自然で良質なものがいいなと。



“玄米食について”という項目でも、とても気になった部分が。

「玄米食は治病食で、玄米菜食を一定期間続ければ、菌を抑えてくれるが
 いつまでも続けていると悪い菌も繁殖しないけれど、良い菌も増えないし、
 必要な栄養素まで排泄ししまうので、玄米食は時々食べると良い解毒食であると考えます」
(多少要約してます)

とあり、
私が以前、玄米を欲しなかった時期があったのは、すごく自然なことだったんだな~
そしてまた欲したのも体の要求だったんだな~と
妙に納得しました。


その他、
動物性か否かに関わらず質とバランスが大事なこと、運動が大事なことなどなど
深く読み込んでいないので私の解釈が全て正しいかはわかりませんが、
とても興味深く共感できる内容のものでした。
[PR]

by sweetmuku-macrobi | 2010-06-12 20:49 | macrobiotic理論

美味しいもの

「西野椰季子のハッピー★マクロビオティック 旅立ち編
     ~続かない理由・続く理由~ 」
以前購入したCD。
何度も聞いているのですが、
マクロビオティックに対する固定観念を打破してくれて、
これから益々楽しくできそうになるCDです。


玄米にこだわっていた時期があるのですが、
西野さんのお話を聞いたら
重くて受け付けないと感じるなら、体が欲してないのだから、
無理して摂ることないんだなーと改めて感じました。
じゃがいもやトマト、焼いた粉物は、基本はダメなんだよな~と思っていたけれど
それも固定観念だったことに気付きました。
今では欲するときには美味しく頂いています。

なんとなく思っていたことにも、自信を持てるようになりました。
美味しいと感じるものを選ぼうと思える。



数か月くらい、主に五分づき米の日が続いていました。
ところが、最近急に玄米がとーっても美味しく感じるように。
体、味覚って不思議。
あ、体が欲してるんだな~と。

目に見えることはほんの一部、
目に見えないことの存在を感じる機会が多くなったような気がします。。。


あれがいいこれがいいではなく、
バランスが大事なんだと最近改めて思います。
食事だけでなく、生活全体のバランス。


自分を浄化したい気分になり、
GWは連日ヨガスタジオに通っていました。
自宅でのヨガも気持ちいいと思うのですが、
スタジオでやると、先生の声があるからか、皆でやることで空気が変わるのか、
やっぱり違う気がするのです。
特にホットヨガでは汗がダラダラ出て気持ちいい。
気分までスッキリするから不思議。

最終日にちょっと無理しすぎたらしく、今、腰にきてます。
あぁ、何事も、程度、バランスが大事なのに・・・。
[PR]

by sweetmuku-macrobi | 2010-05-08 08:44 | macrobiotic理論

いつの間にか…

b0156080_1618935.jpg

マクロビオティックの知識が少しずつ増えてきて
あれもダメ、これもダメ、あれは大丈夫、これなら平気…など
頭でっかちになってしまうことが
私は時々あります。
そのたびに、大事なのは美味しく頂くことだな~と考えます。

マクロビオティックの根本は深く、
単に食事だけ、単に病気を治すだけではなく、
幸せになり、地球が平和になるための方法。

大切なのは、美味しく楽しく感謝して頂くことのはず。

以前参加した単発のマクロ料理教室で
先生が、
「しかめっつらをして食べる玄米より、
 笑顔で食べる白米の方がいいのかなと思います」
とおっしゃっていたのをよく覚えています。
キレイで、あたたかい感じがする先生でした。
本当にマクロをされている方ってこういう方なんだな~と感じた。

izumimirunさんの本「野菜だけでおいしいごはん」にも
”楽しく食べるのが一番です”
とあります。
とーっても共感できます!


「酵素玄米」という、玄米を発酵させたものがありますが、
私はこれがちょっと苦手。
(旦那は全然平気だと言っていた…)
もし、マクロが酵素玄米を主食とするものだったら
マクロの通信講座を受講することはなかったと思います。
私がマクロを意識し続けられるのは、美味しいと感じるから。
体にいいだけではなく美味しい。
基本が食いしん坊の私には、そこが一番大事!

ちょっとマクロからは離れますが、
[PR]

by sweetmuku-macrobi | 2009-10-03 08:43 | macrobiotic理論

東洋式ボディーチェック

マクロビオティックとはちょっと違いますが…
PHPスペシャルの6月号に
“ジャスミン先生の東洋式ボディーチェック”というのがあって

その“グループD”に

・胸が苦しい
・生理前後に刺すような痛みがある

というのがあり、
マクロを始める前の自分に
あまりにも当てはまるのでびっくりしました。

当時、この状況を説明しても
理解してくれる人が周りにはいなかったけど
こういうチェック欄に出てくるっていうことは
自分だけじゃなかったのね、と今更思った。

胸が苦しいのは、
呼吸がうまくできず、息をしても、してる気がしない感じ。
病院に行っても異常はなく、精神的なもので片づけられてしまった。
生理痛は病気ではないし、薬が効けば収まるが、
この刺すような痛みが、なんでも無いわけないのでは!?と思っていた。

両方とも
マクロを始めたらビックリするくらいあっさり解決してしまいました。


ところが、今回久しぶりに生理痛が…
薬を飲まなくても我慢できる程度の痛みですが、
仕事中も思考力が低下…

前回は、生理だってことを忘れてしまうくらい軽かった。
そういえば先月はちょっとストイックにマクロを意識していた。
体ってすごく顕著に表れる。

今回の原因は明らか。
・凍らせたバナナをたくさん食べた。
・おせんべいをたくさん食べた。
・寿司をたくさん食べた。
どれもたくさん食べたことが原因。
生理前だということを忘れ、美味しくて思わずたくさん食べてしまった。
特に凍らせたバナナが一番の原因かなぁと思っています…


東洋式ボディーチェックのDは
「気滞うっ血タイプ」
その中に“冷たいものは避ける”とありました。
やっぱり。
もともと、氷を入れた飲み物は自然に避けていて、
(下腹部がキーンと冷えてしまう感じがする)
夏でも常温や温かいものを飲むのが普通でした。
ですが、あまりにも暑い日が続いた先週は
けっこう冷たいものを食べてしまったのです。

せっかく凍らせたバナナ…
旦那サマも食べないので
今度火を通してお菓子に使おうと思います。


食欲も無く、その日口にしたのは「きなこババロア」
中島デコさんの「パンとおやつ」をみて作り、
冷やさず温かいまま食べました。

マクロを始めてから、
生理中は無理に食べる必要が無いことを知りました。
以前、生理痛が重くなるのは、昼ごはんを食べた後の午後だった。
(朝ごはんを食べるとあまり体調が良くないので、
 社会人になってから、朝ごはんをあまり食べていない)
マクロを勉強してからそれをわかっていたので、
その日はお昼抜き。
帰宅してから「きなこババロア」を頂きました。
(翌日は、けっこう食べちゃいました!)
[PR]

by sweetmuku-macrobi | 2009-08-22 10:18 | macrobiotic理論

献立を作る

どうも自炊をさぼってしまう。
仕事のモヤモヤを持って帰ってきてしまう。

昨日も外ごはん。
原材料に徹底的にこだわっている居酒屋「桜チョップス」へ。
マクロのお店ではないけれど、
野菜やお肉などの食品はもちろん、調味料にもこだわって
情報公開している美味しいお店。
(その分ちょっと高い・・・)
行くと、若くて元気な店員と、お店のあたたかさに元気をもらえます。


だんなが注文した「ぎょうざ鍋」の
豆腐と野菜とスープを頂いたら
ポカポカしてすっごく美味しかった☆

鍋なら簡単で美味しい。作ってみようかなって思えました。



クシマクロビオティック通信の理論LESSON3は献立。
読んだときはなるほどと思いつつ、
そのまま先に進んで、実践は保留になってましたが、
今日、献立表の”たたきだい”を作ってみました。

あれもこれもと考えるあまり、実行できなくなってきている。
だから頭を整理するためにも一週間を表にしてみたのです。

と言っても、
細かい献立ではなく、あくまでたたき台。
この曜日の主食は玄米&はと麦。
メインのおかずは豆料理。
豆が苦手な旦那にはお肉。
汁物は味噌汁で副食はゆで野菜。

この曜日は全粒麺。
汁物はスープ。
プレスサラダ。

朝ごはんは食べない派で、
昼は前日の残りを使うことにするので
夕食を考えればだいたい形ができてくる。


こんな感じで枠組を決めて
あとは、表の空欄に具体的な料理を記入していく。

今週やってみてどんどん改良を加えていく予定です。
[PR]

by sweetmuku-macrobi | 2008-10-18 10:55 | macrobiotic理論

人の陰陽

陰は陽に変わり、陽は陰に変わる・・・
その例で
病気で苦しみと困難を味わった人は、
病気一つしたことがない人よりも、健康に気をつけています
というのがありました。


陰と陽は、引かれたり反発するだけでなく、変わっていくんですね。

小学生の頃人気者だった人が、今では大人しくなっていたり、
小さいころから内気だった子が、今はリーダー的な存在で仕事していたり、
やせっぽっちだった子が太っていたり
太っていた子がスマートになっていたり

どんなことにも二面性がある
根本は同じこと。


私がマクロをはじめたきっかけも
病院でも薬でもよくならない体の不調から。
周りには大袈裟と言われても、
辛いと感じるのは自分なのだからしょうがない。

マクロな生活をはじめてから体調がよくなり、
自分の体のことは自分にしかわからない、
自分の体を守るのは自分なんだなーって改めて実感。

健康だったらマクロな生活を送ってなかったと思います。

陰陽が互いにかわっていく、ひとつの例が一番身近にありました。
[PR]

by sweetmuku-macrobi | 2008-09-26 20:38 | macrobiotic理論
line

sweetmukuです。お肉大好きな旦那と野菜大好きな私のマクロビオティックを取り入れた生活を綴っていきます。


by sweetmuku-macrobi
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30